会社概要

創業
大正3年4月
設立
昭和23年8月31日
資本金
4,500万円
決算期
年1回(3月末)
役員
  • 取締役会長生駒 昌太郎
  • 代表取締役社長大嶋 暢昭
  • 取締役河井 広志
  • 取締役中村 将和
  • 監査役生駒 都喜子
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行 赤坂見附支店
  • りそな銀行 赤坂支店
  • 三井住友銀行 赤坂支店
  • 商工中金 本店営業部
  • 北洋銀行 南郷通支店
従業員数
150人
主な仕入先
  • 旭硝子株式会社
  • 日本板硝子株式会社
  • セントラル硝子株式会社
  • オートグラス株式会社
  • 株式会社日本パーツ
  • 生駒商事株式会社
  • メーカー各社部販
関係会社
  • イコマ北海道株式会社
  • 本社/〒003-0002
  • 札幌市東区北26条東21丁目3-1
  • TEL: 011-787-7728
  • 営業所/札幌・札幌西・千歳・北見・旭川
主な得意先
  • ■国産販売会社
  • トヨタ、日産、ホンダ、スバル、いすゞ、三菱、
  • 日野、スズキ、マツダ、ダイハツ、その他
  • ■バス会社、運送会社
  • ■輸入車販売会社
  • メルセデスベンツ、BMW、ポルシェ、
  • フォルクスワーゲン、アウディ、ジャガー、
  • ルノー、ボルボ、ランボルギーニ、マセラッティ、
  • その他
  • ■警視庁及び管内各署・自衛隊・その他の建設機械
  • ■優良認定等専門整備工場 全国2000社
  • ■一般会社 全国1000社
営業所のご案内はこちら

沿革

大正 3年 4月
東京赤坂の溜池の現在地に、
先々代(故)生駒釼太郎が旭硝子株式会社の板硝子販売店として創業。
大正 4年
日本自動車株式会社の指定専属硝子店となる。
昭和23年 8月
資本金50万円にて、株式会社生駒商店に組織を改め、(故)生駒礼之助が代表取締役に就任。
同時に建築関係板硝子の取扱を全面的に廃し、自動車硝子専門店となる。
昭和27年 3月
資本金を100万円に増資。
昭和34年12月
札幌営業所(現 イコマ北海道株式会社)を開設と同時に資本金を700万円に増額。
昭和37年 5月
資本金を1,000万円に増資。
昭和38年 4月
東京都足立区に城北営業所を開設。
昭和38年 5月
東京都自動車部品販売商組合に加入。
昭和39年 4月
埼玉県大宮市に埼玉営業所を開設。(現 大宮営業所)
昭和39年 5月
資本金を1,800万円に増資。
社名を生駒硝子株式会社に変更。
昭和41年 5月
資本金を2,200万円に増資。
東京都自動車整備工業協同組合に加入。
昭和43年 6月
資本金を3,000万円に増資。
昭和47年12月
秋田県秋田市に秋田営業所を開設。
昭和48年 5月
埼玉県川越市に川越営業所を開設。
昭和51年11月
資本金を4,500万円に増資。
昭和52年 2月
本社屋ならびに中央営業所として、生駒硝子ビル6階建てを新築。
昭和60年 5月
生駒昌太郎が代表取締役社長に就任。
昭和62年 9月
北海道千歳市に千歳出張所を開設。(現 イコマ北海道株式会社・千歳営業所)
昭和63年 2月
埼玉県浦和市に川口営業所を開設。
平成 2年 4月
札幌市西区に札幌西出張所を開設。(現 イコマ北海道株式会社・札幌西営業所)
平成 3年 6月
埼玉県蓮田市に白岡営業所を開設。
平成 5年10月
北海道地域をイコマ北海道株式会社として分社。
平成 6年 6月
埼玉県和光市に和光営業所を開設。
平成 7年10月
埼玉県地区をイコマ埼玉株式会社として分社。
平成 9年 9月
設立50周年式典を挙行。
平成11年 8月
愛知県豊川市に豊橋出張所を開設。
平成14年12月
豊橋出張所を愛知県豊橋市に移転し、豊橋営業所と改称。
平成15年 5月
中央営業所を赤坂営業所に、城北営業所を足立営業所にそれぞれ改称。
平成17年10月
中村正秀が代表取締役社長に就任。
平成18年 2月
和光営業所を移転。
平成19年 9月
設立60周年式典を挙行。
平成19年11月
イコマ北海道本社を新築移転。
平成20年 4月
イコマ埼玉株式会社を吸収合併。
平成20年 8月
足立営業所を、足立区保木間に移転。
平成23年 7月
豊橋営業所を移転。
平成24年 7月
埼玉県越谷市に越谷営業所を開設。
平成25年10月
創業100周年式典を挙行。
平成26年 5月
大嶋暢昭が代表取締役社長に就任